シカゴ7裁判

INTRODUCTION

本作は、ベトナム戦争の反対運動に端を発し、抗議デモを企てたとされ逮捕、起訴された7人の男〈シカゴ・セブン〉の衝撃の裁判を描いた実話に基づく物語である。

出演は、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの主人公ニュート役で広く知られ、『博士と彼女のセオリー』ではアカデミー賞主演男優賞受賞を誇る実力派俳優エディ・レッドメイン、『(500)日のサマー』では日本でも人気を博し、『インセプション』『ダークナイト ライジング』『プロジェクト・パワー』などにも出演のジョゼフ・ゴードン=レヴィット、『レ・ミゼラブル』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』などのサシャ・バロン・コーエン、『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞主演男優賞ノミネートの名優マイケル・キートン、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』『レディ・プレイヤー1』などにも出演のマーク・ライランスなど、実力と知名度を兼ね備えた超豪華キャストが集結。

さらに、『パーティで女の子に話しかけるには』のアレックス・シャープ、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のジェレミー・ストロング、『グレイテスト・ショーマン』『アクアマン』のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世ら実力派も脇を固めている。

監督・脚本を務めるのは、脚本・製作総指揮を務めた『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞を受賞、脚本を務めた『マネーボール』ではアカデミー賞脚色賞にノミネート、脚本を務めた『スティーブ・ジョブズ』ではゴールデングローブ賞脚本賞ノミネートなど確かな実力を誇り、数々の実話に基づく作品を独自の目線で手掛けてきたアーロン・ソーキンが務める。

STORY

1968年、シカゴで開かれた民主党全国大会。会場近くでは、ベトナム戦争に反対する市民や活動家たちが抗議デモのために集結。当初は平和的に実施されるはずだったデモは徐々に激化していき、警察との間で激しい衝突へと発展。
デモの首謀者とされたアビー・ホフマン(サシャ・バロン・コーエン)、トム・ヘイデン(エディ・レッドメイン)ら7人の男〈シカゴ・セブン〉は、“暴動を煽った”罪で起訴されてしまい、歴史に悪名をとどろかせた《類を見ないほどの衝撃的な裁判》が幕を開けることに。

CAST

サシャ・バロン・コーエン、エディ・レッドメイン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、
マイケル・キートン、マーク・ライランス、アレックス・シャープ、ジェレミー・ストロング、
ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ジョン・キャロル・リンチ、フランク・ランジェラ

TRAILER